スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ねじれねじれ

ストリーミング組の方、もうカフェイレはお聞きになりましたかね?


ラジオの国はまさかの淡路前でしたね(笑)
収録だから、もしかしたらラジオの国の晴一さんはまだリアル・サーティスリーかもしれないなぁ、なんてちょっと予想してたりもしてたわけですが、よもや淡路前とは思いもしませんでした。
まあ、たまにはあんなまったりしたカフェイレもいいですよね。「もっと面白い話ないん?」づくし。
でも、ちょっとわがまま言わせてもらうなら、ちょっと「音話」もして欲しかったかな、なんて。
あ、でもあれは「月刊」でしたか。ならいいや。(←なんだそりゃ)


そんな昨日のカフェイレ。書き起こしておいた歌詞を眺めながら「Love,too Death,too」を聴いてたら、「歌詞について本気だして考えて」みたくなりました。
初聴き感想で「素直すぎ」とか「綺麗にまとまりすぎ」とか生意気ほざいたわけですが(笑)やっぱり雑誌に書いてあったみたいに「文学的」だとも思うんですよねぇ。
この詞がどういうことを言ってるのか、っていうのを、文章にして自分の言葉でまとめてみたくなりました。
他にも「アゲハ蝶」とか「ジョバイロ」とか、「この詞のこの部分は何を言いたいんだろう」って気になるものがたくさんあるんですけど、なかなかね。
自分の頭の中で歌詞を転がしてるだけじゃやっぱりまとまらないから、文章にしたいんですが……それこそまとまりきるかどうか(笑)
形になるかはわかりませんが、一度やってみようかなぁと思ったり、思わなかったり、ラジバンダリ。
コメント

異空間…

まさかの淡路前なんですね!!私はまだ聴いてませんが、“まさかの”淡路前なんですね!!笑。来週あたりにはロマポルの話やらなんやら聴けますかね。

たしかに、聴いているだけなのと歌詞を視覚で捉えるのとでは、微妙に変わってきますよね。言ってしまえば、歌詞カードのデザインや文字の色、大きさなどからも印象が変わります。不思議ですよね。
この物語の主人公はどぉなったんだろう?と考えてしまいがちですが、『日記と詞は違う』とおっしゃっていた晴一さん。それが歌詞なのかな~と思います。ちなみに私が結末を知りたいのは♪小説のようにだったり、♪カルマの坂だったり、ラジバンダリ。

No title

ラジバンダリの使い方がよくわかってないpinkです(痛い?全然意味がわからんもん・泣)
まだしかもラジオ聞いて…にゃい!
ねじれているんですね、空間ポルノは…!
でも今日生~!CDTV、イエイ!(笑)

そらさんの言うとおり、
歌詞を視覚的に知ってるのと何となく聞いてるのでは曲って全然違って聞えますよね~!
まだラブデス視覚的に歌詞理解してないから、
Mioさん言っている「文学的」ってことに、うんうんとうなずけないのが残念ですが、発売したらそこら辺も堪能したいなと思います~!らじばんだり

時空がっ!!ゆがんでるぞっ…!!

まさかまさかの淡路前でしたねww
しかもまさかまさかまさかまさか…のもっとおもしろい話ナイン?オンリーでしたねww
でもたまにはいいですね。『カフェ』っぽくて。
Love,too Death,too 、僕はかなり詩が文学的って意味でも大人っぽいと感じたんですが…僕が中坊だからなのかなぁ。
はやく大人になりたいと思ったり、その前に勉強しなきゃと焦ったり、ラジバンダリ。

コメントお返事です。

すみませんがまとめてお返事ということで……

いつもより時空のねじれが大きくなってる今週のカフェイレ(笑) 
先週のカフェイレで「淡路の感想メールは来週」って言ってた気がしたので、さすがにまだ淡路前だとは予想してなかったです。
しかも、まさか(以下略)の「もっと面白い話ナイン?」づくし。これは、よっぽどメールが溜まっていたのか、ライブの合間で他に話すことがなかったのか。
……前者ということにしておきましょう(笑)

そうそう、そらさん&pinkさんの仰る通り、歌詞もただ聴くだけと見るのとでは全然違って感じられますよね。
晴一さんの詞は「読んでも通用するように」ってこだわりがあるからなのか、特にそういう要素が大きい気がします。

翔太さんの言われるように「大人っぽい」っていうのもわかる気がします。
なんだろう、「有終の美」って大きいテーマだからなのかなぁ?
まあ、私もまだ未成年ですので、そのせいかもしれませんけど。
その辺、大人の方々の意見も聞いてみたいところです。

なんにせよ、自分で書き起こした歌詞じゃなくて、早くちゃんと歌詞カードで見たい!!
リリース日はまだかー(笑)

あ、ついでに。
>pinkさん
「ラジバンダリ」って、ダブルダッチっていうお笑いコンビのネタなんですよ。
西井さんでしたっけ? とにかく片方がジュニタ・ラジバンダリっていう名前の外国人女性に扮して、「~たり、~たり、ラジバンダリ」って言う、ギャグを織り交ぜたコントがあるんですよ。
単に語感で遊んでるだけなので、「ラジバンダリ」自体に意味はないみたいです(笑)

今さらだけど

Mioさんラジバンダリ解説どうもありがとう!
へ~お笑いね!なるほど~人の名前!&ネタ!
お陰でこれからラジバンダリが出てきても、
ちゃんと正しい対応ができそうです!笑
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。