スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Love,too Death,too

Love,too Death,too聴きましたよっと。
といっても、録音してないからまだ一回しか聴けてないし、あんまり音質良くなかったんですが。
(声を聞くだけなら十分なんですが、曲を聴くにはあまりよろしくない電波状況……ニッポン放送電波悪すぎ)
まあ、音質は明日のカフェイレに期待するとして。

以下、Love,too Death,too感想です。
折りたたんではありますが、一応反転お願いします。


感想を読まれる前に。
今回、ちょっと辛口めです。批判してるつもりは全くないですが、そう聞こえてしまうところもあるかも。
ただ最初に言っておきますが、私はこの曲は好きです。これは本当のこと。









というわけで、新曲感想。
・曲調&メロディ
 サビの入りの「Love,too Death,too~」の4音が「まほろば○△」と似てますね。
 曲調としては、まほろばと痛い立ち位置を足して2で割った感じだと思いました。
 たぶん、ラテン系に分類されるんだよ……ね……?(←曲調に疎い人)
 確かにギラギラしてる、と言われればそんな感じかな。
 ただ、痛い立ち位置とはちょっと違う気もしますが。


・歌詞
 一回しか聴けてないので、あまり詳しいことは言えませんが……
 「そこに美しい終わりがあるから」ってことは、結局タイトルの「Love,too Death,too」は「愛も死(人生)も、終わりがあるからこそ美しい」っていうことなのかなと勝手に推測。
 2番サビの「Life,too Day,too」も同じような意味ではないかと。
 歌詞自体は、すごくきれいにまとめてきたなぁという印象です。
 ただ……なんていうのかな。晴一さんにしては素直な気がするというか。
 悪いというつもりは全然ないんですが。
 「ギフト」が、才能っていう目に見えないものを「箱」にたとえて、すごく視覚的に鮮やかに描き出していたと思うので、その巧みさから比べると「普通」な印象かもしれないです。
 テーマが違うから、一概に比べちゃいけないのはわかってますけどね。
 念のため言っておきますが、私はこの曲の歌詞はかなり好きですよ!!


・曲全体の印象
 「原点回帰」と聞いて想像(もしくは期待)していたよりは、軽い印象だったかも。
 でもまあ、聴いた音質がアレなので、何とも言い難い部分ではあるんですけどね。
 この曲も、痛い立ち位置と同様に「ギターを聴かせる」曲ではない感じ。
 リンクやあなここのギターソロが好きなので、もうちょっとギターを聴かせてくれたら嬉しかったかな。
 ライブでやったらすごく映えそうな曲だと思いました。これも、来週のロマポルで聴きたい。
 なんだか、ドラマのエンディングとかにありそうな感じですが……またノンタイアップなのかなぁ?


・リリースラッシュ3曲で見てみると
 ギフト>Love,too Death,too≧痛い立ち位置  かなぁ。
 はっきり言ってしまえば、ギフトのインパクトが強すぎた(笑)
 どうにも、ギフトと比べてしまうというか……
 ギフトとのリリース順を逆にしてくれたら良かったかな、っていう気はします。


・結局、この曲はどうかというと。
 もう一度言いますが、私はこの曲好きです。
 1回しか聴いてないけど、サビが結構耳に残るし、テンポとか曲調とかも好みなので。


以上、ちょっと辛口感想でした。
ふらっとネット回ってみたけど、だいぶ賛否両論ですね。好みが分かれる曲なのかも。

コメント

あうちっ!!

ここにも反転技術が…パソコンで読まさせていただいてから、改めてコメントしまぁす(((^^;)

わ~お

すごい~。
ビックリしました~。
感想、共感しまくりでした。
曲の順位は若干違ったけど、
本当、似たようなこと書いてましたね~ワオ!
つい辛口になっちゃったんですよね~^^;
「原点回帰」に期待しちゃった分とか。

そらさん、携帯ではちょっと面倒なテクですもんね^^;
あっちでもこっちでも、ごめんなさいね。。

コメントお返事です。

>そらさん
あー、すみません!
反転は、携帯ユーザーさんには鬼門でしたね;
次からは隠し方をもうちょっと考えます~


>pinkさん
私も、pinkさんの感想に共感しまくりでした!
pinkさんのを読む前に書いたのに、すごく似ていて自分でもびっくり。
そうそう、「原点回帰」につい期待しちゃったんですよね。曲自体は結構いいと思うんですけど。
これから聴きこんだら印象も変わっていくかな?
ライブで化けてくれることを期待してます。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。