スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Conguratulations!

ポルノグラフィティ、デビュー10周年おめでとうございます!
私はファン歴2年弱ですが、この節目を一緒にお祝いできて本当に嬉しいです。
これからもたくさんの曲で私たちを元気づけてください。ずっと着いていきます!


さて、昨夜のカフェイレ聴きました。
ポルノグラフィティ9歳最後の夜、ゲストは昭仁さん。
以下は雑感です。





オープニング。石川遼のファンかも、と自覚したらしい晴一さん。
お小遣いの少ない高校生が、同じクラスに億単位で稼ぐ子がいたらどう思うんでしょう。……あんまり考えたくないなぁ(笑)
「あんまり『おごって』とかも言えんよねぇ」と晴一さん。……確かに。冗談では言えるかもしれませんけど。
石川遼の地道に頑張る姿勢を褒めてた晴一さん。ポルノもまたこれから10年、積み重ねていってください。


♪アポロ
 やはり今夜のオープニングはこれですよね。


そしてお待ちかね、ボーカル昭仁さん登場です。
とりあえず、二人とも声が似過ぎw
一瞬どちらがどちらか分からなくて焦りました。
これは、ファンでないと聞き分けられないんじゃなかろうか。
昨日はTV収録もあったようで、朝からずっと一緒だったらしいお二人。「フリートークしようと思ったけど、話すことがない」って、そんな(笑)

まずは音話。
昭仁さんのギターの話から。
「物をあんまり大切にしない」昭仁さん、「10年持ち続けてるのはギターくらい」だそう。
元々はギターも遊び程度にしか弾いていなくて、こだわりもなかったそうですが、スガシカオさんが持ってたアコギに憧れて、それには強い思い入れがあるとか。
「楽器には、特にヴィンテージものには、人の念みたいなものがこもってる」と昭仁さん。
去年の豪雨ライブについて語った時に晴一さんが言っていた、
「ギターが次々に音が出なくなっていくのが辛かった。ギターが勿体ないからと言うんじゃなく、濡らしてごめんねって」
という言葉、これも同じことなんだろうなと、ふと思いました。


新曲「この胸を、愛を射よ」。
デビュー日の今日はフラゲ日ですよ。私も買いました。(感想は明日)
晴一さんがカフェイレで「昭仁の『歌いやすい』音域で作ってあるけど、歌いにくいとかワガママ言っとります」と言ってた通り、やはり歌うのは難しい曲だそうです。
ただ、その分だけ歌いがいのある曲でもあるとか。
TV収録があるたびにそう感じているそうなので、これからのオンエアが楽しみですね。


リスナーからのメール。
「ポルノグラフィティを結成して最初に作った曲は何ていうタイトルですか?」
との質問に、「ジレンマじゃない?」と若干曖昧な回答をするお二人。
あれ、ジレンマって2曲目じゃないの??
どちらにせよ、まだ昭仁さんが加入してなかった頃からある曲ではあるそうです。
そんな時代からずーっとライブの定番なんだから、凄いですよねぇ。
「M・O・O・Dとかもあったよね」と言って、『♪わっすれられないの~』と歌い出したのは晴一さんですか?
テンション高いから余計に声が似過ぎてて、もはや分からん(笑)


「あと何分話せるん?」とか、「あ、じゃあここでラストナンバーです」といきなり曲に入ったりだとか、生放送特有のぐだぐだ感が面白かったです。この辺がポルノだよなぁ(笑)
カフェイレは真面目な話が多かったですが、今夜のANNではどういうことになりますやら。とりあえず、録音スタンバイして楽しみに待ってます。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。